ボランピオ

2016年01月号

【活動紹介】ネオ集落というこころみ

2016年01月30日 16:53 by youi_center

<mocha.とは>

 久米郡美咲町で活動する団体 mocha.には、持っていないものを求めるのではなく、どうすれば今あるもので 楽しめるかを模索したい人が集っています。 遊びのきっかけになるおもちゃのようなグループにしていきたいという思いで、()mocha.(おもちゃ)をもじ って mocha.と名付けたこのグループの活動を紹介したいと思います。 

 2015 年春より、地域活性を研究しているノートルダム清心大学の大学生や、地域のボランティアの方々と共に、 行政の行政の空き家対策事業との協働に参加し、長年使われていなかった古民家の改修を開始しもうすぐ 1 年が経過します。 モノだらけだった古民家も、「あそびば」への変化をしてきた中、変わらないのは当初からのテーマである「ネオ集落」という言葉に込められた思いです。

 

 

<ネオ集落とは>

ネオ集落という言葉は mocha.内での造語。その言葉の意味するところを私なりに考えてみたい。
矢継ぎ早に、成果や目的を求められがちな現代社会。
この言葉は、『グレーゾーンを容認する文化を表す言葉』ではないでしょうか。

既にある言葉で表現するならば、『自然と人間社会における里山』の様だとも表現できると思います。
「モノがあること」「便利な使い方があること」の中で楽しむのではなく、「出来ること」「やってみたいこと」の中で楽しむ場所をネオ集落と表現しているのではと感じます。 


 

 <コンタクト>

2015 年度に実践した古民家改修の事業を終え、2016 4 月からまた新しいステージを開始する mocha.
現状、電気や水道も来ていないこの場所で出来ること。この場所だからこそ、やりたいことを見つける。
それは、決まっていない未来に価値を見出す。未来を育める場所でもあるといえます。

mocha.の参加者それぞれごとに「ネオ集落」についてのイメージは違うと思いますが、 おもちゃで遊ぶように、楽しみを見つける作業を続けることが出来そうです。

不便の中にある価値を見つけたい方、街や集落の中で面白い!を発見したい方。
コンタクトを取ってみてはいかがでしょうか?

 

活動団体:mocha. 

ホームページ:http://mo-cha.net/

Facebookページ: https://www.facebook.com/mocha.okayama/

mocha.は、ひとりやふたりだったり、大人数だったり、興味ゴトによって人数が変動するゆるっとしたコミュニティ。 都会と田舎のいいとこどりをしながら「ネオ集落」というあり方について考えています。』

 

(ソーシャルライター: 三谷 朗裕)

 

関連記事

【寄稿】子供たちの自立を支えるNPO法人すたんど

vol.28(2020年03月号)

【寄稿】若者たちが可能性を発揮できる居場所 ~ 田舎のシェアハウス NPO法人山村エンタープライズ ~

vol.28(2020年03月号)

【寄稿】子どもにぬくもりを届ける ~ 一般社団法人ぐるーん ~

vol.28(2020年03月号)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)