ボランピオ

2017年12月号

企業が地域課題に本気で向き合う

2017年12月28日 13:39 by youi_center

岡山地元の企業と一般社団法人の取り組みを通して、地域の社会課題を解決するCSR活動を紹介します。

今回の紹介記事は、一般財団法人地球・人間環境フォーラムが発行する冊子「グローバルネット」320号 2017年7月号に「企業が地域課題に本気で向き合う時代になった」というタイトルで掲載されています。

記事を書かれたのは、一般社団法人高梁川流域学校 代表理事 大久保 憲作氏です。

同法人が設立されたのは、2015年。かつて、倉敷紡績2代目 大原總一郎氏が提唱した、高梁川流域連盟の理念を実現し、持続可能な地域を創ろうとするものです。

同法人の活動は、環境省が進める「つなげよう森里川海プロジェクト」の連携事業となっています。

そして、同法人は、地元4地域を拠点とする4信用金庫と包括協定を結び、流域を応援する定期預金の一定を活動支援として受け取ることとなりました。

4信用金庫(備北、吉備、玉島、水島)にとっては、本業を通して地域の課題解決に向け社会貢献が実現するというCSV=共通価値の創造 が実現したことになります。

 一般社団法人の立場から紹介された取り組みではありますが、新しい社会課題の解決に向けたアプローチとして大変参考になるものと考えます。

詳細の記事は、リンクのURLクリックしてご覧ください。

http://blog.canpan.info/youi-c/img/20170728161749.pdf

関連記事

★お役立ち情報★『専門家メール相談システム』のご案内

2017年9月号

【ご案内】NPO専門相談FAQ

2017年3月号

「おかめ茶屋」へいらっしゃい♪

2017年2月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年9月号

今回は社会の課題やその解決のために頑張っている活動について、 「じぶん目線...

2017年3月号

今回はノートルダム清心女子大学の皆さんが、ソーシャルライターとして、地域を...