ボランピオ

2017年12月号

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2017年12月28日 13:25 by youi_center


「今年もあとちょっとだね。12月もあっと言う間に過ぎたなぁ…」
「ゆうあい君、ほとんど家にいぃひんかったな」
「そうかな。あ、でも確かに、12月はクリスマス関係のイベントや“寄付月間”に伴うイベントがたくさんあったから、出かけること多かったかも。」
「寄付…!寄付するお金なんてあらへん。それにどこにしたらいいかわからへんし。」
「僕もそんなお金ないよ(苦笑)。寄付のこと知りたいなら、みんつくのイベントに一度行ってみたらどう?」

8月ツクる日「勝手に乾杯チャリティー」に参加して

「楽しそうや‥!またしはるかな?」
「定期的に開催されてるよ。12月も29日にあるから行ってみなよ。」
「予定なんもないし行ってみようかな。」
「そういえば、君は12月暇そうだったね。」
「…確かに家にいたけど。寒いし。」
「クリスマスも家にいたね。」
「…。…!ゆうあい君も家にいたやんか!」
「そうだっけ?そういえば、センター君はプレゼントとかいつもどこで買ってるの?」
「いつも適当。」
「僕は最近フェアトレード商品をプレゼントしているんだけど、結構喜ばれるよ。」
「へ~。ところで“ふぇあとれーど”って何?」

「作り手と買い手の関係づくり」~「岡山フェアトレードの会」の取り組み

「ほぉ。色んな取り組みがあるんやなぁ。」
「フェアトレード商品を取り扱っているお店、岡山にもあるよ。」
「ゆうあい君、よく知ってんな。また場所教えてーな。僕も行ってみたい。」
「そうそう、それと、君が前に関心を示していたCSRのこと、高梁川流域の取り組みの記事があるよ。」

企業が地域課題に本気で向き合う

「岡山でも色んな事例が生まれてきているんやなぁ」
「そうそう、意外と知らないだけかも。」
「奥深いわー。」
「また年が明けたらゆうあいセンターへ行って、CSR相談員の小桐さんに色々教えてもらおう!」
「せやな、木曜日に行ってみよう!」
「で。センター君、12月は家にいて何してたの?」
「しつこいな。確かに家にいたけどやな。」
「同居人のことは気になるでしょ。ほとんどパソコンの前に座って何か書いてたね。」
「…!おらへんかったクセによく見てるなー。せや。ソーシャルライター講座を受けたから記事を書いてみてたんや。」
「そうだったのか。書けた?」
「間に合わへんかった。…一緒に受講した人たちの記事があるから読んでよ。」

ブラックシアターきらら:団体紹介
「ブラックライトが生み出すファンタジー」~ミュージカル風人形劇団 ブラックシアターきらら~
「暗闇に舞う 彩の人形劇」~ブラックシアターきららのファンタジックな宅配便~

「同じお話聴いても、取り上げるところがちょっとずつ違うんだね。表現の仕方も。おもしろい…!」
「せやろ~。おもしろいねん。勝央町の取り組みなんやけど、いつか行ってみたい。」
「ほんとだね。実際の場面を見てみたくなったよ。ところで君、人の原稿を読んでばかりで、書く時間がなくなったんじゃないの?」
「…ほっといてんか。」
「でもこうして見てみると、岡山県内さまざまな地域で多様な取り組みが展開されているのがよくわかるねぇ。」
「うんうん。NPO法人って、可能性いっぱいやって思うわ。」

「NPO法人設立講座」でお伝えしたい事~市民が担う第2の公共としてのNPO法人の役割~

「そういうNPO法人が、大学のインターン生を受け入れている事例も増えてきたね。」
「せやゆうあい君、ゆうあいセンターにかわいい子がおった!!」
「そういう情報掴むの早いね。」
「だからほっといて。色々教えてもろたよ~。若者の社会参画推進をテーマにして、色んな団体にインタビューしてるんやって。」

インターンスタッフのつぶやき①

「ゆうあいセンターにレポートも貼ったはるからゆうあい君も見てあげてや!またどこか団体見つけたら教えてあげたいから、ネットで情報探してるねん。」
「うんわかった!また見てみるよ。(パソコンの前に張り付いていたのはインターンの学生さんのために情報収集してたからか…)
「また情報探そっと。」
「センター君、ネットもいいけど現場見に行った方がいいよ。」
「だって外寒いやん。」
「行った方が、より具体的な情報を伝えられるよ。それに君、引きこもってばっかりでちょっと体型がまんまると…」
「だからほっといてって言ってるやろ。」
「嫌だ(笑)」
「ほなゆうあい君、年明け、また色々連れてってーな。」
「うん、一緒に行こう。来年もよろしくね。」
「来年もよろしく!」

ゆうあいからのThanks

 

関連記事

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2017年9月号

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2017年3月号

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2017年2月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年9月号

今回は社会の課題やその解決のために頑張っている活動について、 「じぶん目線...

2017年3月号

今回はノートルダム清心女子大学の皆さんが、ソーシャルライターとして、地域を...