ボランピオ

2018年3月号

ゆうあいからのThanks

2018年03月02日 20:39 by youi_center



岡山県内だけでも、実に多様な取り組みがあります。
裏を返せば、それだけ多くの課題が山積していると言えるのかもしれません。

ソーシャルライターのみなさんたちと意見交換をしたり編集作業に取り組んだり、そしてできあがった記事を読みながら、
「自分たちの豊かな暮らしは、誰かが与えてくれるものでは決してなく、自分たちで守り紡ぎあげていくものなんだ」と感じましたが、
みなさんはどのように感じられたでしょうか。

あなたの「ほっとけない!」は何ですか?

もしかしたら、あなたと同じ思いを持つ人もいるかもしれません。
放っておけない"何か"が見つかったら、
ゆうあいセンターのスタッフにも、こっそり教えていただけたなら光栄です。

関連記事

【高校生ボランティアにインタビュー】~台風19号災害復興支援ボランティアバス  晴れの国おかやまボランティア隊 ~

vol.26(2020年1月号)

【市町村支援センター訪問記】「つどえ~るフェスタ2019」にいってきました!

vol.26(2020年1月号)

人と活動がつながる場所~ボランティア・マッチング会~

2019年3月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

vol.26(2020年1月号)

誰かを支えるとは、どういうことなのか いま、困っている人に希望を届けるため...

vol.25(2019年08月号)

地域のなかでかくさずにやろう  すみませんといいながら、許してもらえるまちづくり

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...