ボランピオ

2018年12月号

地域の弱者に自立の輪~岡輝みんな食堂~

2018年12月13日 21:21 by youi_center

高齢になり、地域とのつながりも少なくなると人はますます元気をなくしてしまう。介護福祉士として岡輝地区で働いている圓山典洋さんは繋がりのない高齢者がいきいきとなれるよう自分で何かできないかと悩んでいた。転機は「無理しない地域づくり学校」との出会い。そこで地域づくりに取り組む人たちと知り合い、協力を仰ぐ。仲間ができた。

岡輝地区のお年寄りや子供たちが集まって、一緒に食事のできる取組みが一年前に始まった。
手探りで始めた活動。月に一度の開催日に向けてスタッフやボランティアが準備を進める。
参加者からは「顔見知りにあえてうれしい」「美味しかった」と声がかかる。楽しそうでいい雰囲気が場に満ちる。

「みんなで一緒にごはんをたべよう」という圓山さんの思いは、高齢者や子供達、スタッフやボランティアにも確実に広がっている。「ここからが本当の始まり。みんなの思いの詰まった活動でこれからも地域づくりを楽しんでいきます」と圓山さんは言う。

濱手英之

関連記事

「きのこの森」から「プレーパーク」、そして「花見山公園」へ~竹久会長の森の整備にかける熱い思い~

2018年12月号

ささやかな支えあい~岡輝みんな食堂~

2018年12月号

DV被害者支援から社会的弱者の自立支援へ~NPO法人さんかくナビ 貝原己代子さんの挑戦~

2018年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年03月 (vol.20 2...

今年度最終号となる今回のボランピオは、毎年恒例となっているノートルダム清心...

2018年3月号

今号のボランピオは、喫緊の課題に「ほっとけない!」と立ち上がった人たちの活...

2017年12月号

身近な課題を解決しようと始めた活動が大きな広がりをみせる事があります。 大...