ボランピオ

2018年12月号

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2018年12月13日 21:19 by youi_center



「センター君、今年もソーシャルライター講座、受講したの?」
「うん。めっちゃ雨降ってたけど行った。」
「へー、雨の日はことさら家にこもってるのに、珍しいね。」
「…否定はしぃひんけど。…去年記事間に合えへんかったし、また勉強しに行ってん。」
「意外と真面目なんだね。」
「“意外と”は余計や。そんなことえぇから、講座の様子読んでみてよ。」

ソーシャルグッドな記事を発信しよう!~ソーシャルライター入門講座2018~

「おぉ。写真からも会場の熱が伝わってくる!」
「せや、ゲストも参加者も熱心やねん。ゲストも参加者も講師も、みんな一生懸命。」
「で、今年は記事、間に合ったの?」
「…去年より頑張った。」
「やっぱり今年も間に合わなかったんだね。」
「…うぅ。君、ちょいちょい失礼やな。来年また頑張るからえぇねん。」
「今年もライターさんたちの記事、あるの?」
「もちろん!!初めて紹介する団体さんもあるんやで~。」

≫ 「きのこの森」から「プレーパーク」、そして「花見山公園」へ~竹久会長の森の整備にかける熱い思い~
≫ ささやかな支えあい~岡輝みんな食堂~
≫ 地域の弱者に自立の輪~岡輝みんな食堂~
≫ DV被害者支援から社会的弱者の自立支援へ~NPO法人さんかくナビ 貝原己代子さんの挑戦~

「まだまだ知らない団体さん、いっぱいあるなぁ。」
「せやろ~。ゆうあい君も受講してみたらいいのに。」
「そうだね。来年は参加してみよっかな。」
「講座してる頃、ゆうあい君は、高校生たちと一緒になんかしてたやん。」
「アワードの準備していたんだよ。今年は大学生インターンも運営にかかわってくれた。」
「えぇなぁ~。色んな高校生や大学生と一緒につくるの、大変そうやけどやりがいありそうや。」
「うん、やりがいめっちゃある。可能性も。今年はそのインターン生に、レポートしてもらったんだ。」

【インターン生レポート①】「第6回 岡山高校生ボランティア・アワード」開催!
【インターン生レポート②】高校生×大学生×20代社会人の交流会、開催!

「インターン生、あなどれへん…!わかりやすい!!すごいな~。内容はもちろん、雰囲気も伝わってくる。」
「君よりうまいね。」
「…むぅ。」
「そうそう。ゆうあいセンターのスタッフとして働きながら、インターンに取り組んでいる学生もいるんだよ。」

【スタッフのつぶやき】インターンシップを通してみる「NPO 法人だっぴ」

「ほほぅ、頑張ってるやん!彼、ゆうあいおる時、無口やけど。」
「シャイなんだよ、きっと!(笑)」
「静かやけど、心の内に熱いオモイをもってるんやな~。知らへんかった。」
「彼はこれからも、たっくさんの人に出会って揉まれて、磨かれていくのかな。楽しみだね。」
「うむ。僕らはそういう思いを、うまく引き出せるようにならなあかん。」
「センター君、たまにいいこと言うね。」
「たまに!褒められてるのかけなされてるんかわからんわ。」
「もう一人の若手スタッフも、地道に頑張ってるね。」
「検定受けたんや…!ひぃ~。僕は試験と聞いただけで頭がくらくら…」
「次はそのスタッフのレポートだよ。」

ボランティアコーディネーション力3級検定にチャレンジしました!

「ふふ、レポート読む限り、内容盛りだくさんだったみたいだね~。」
「なんやキャパオーバーしてへんか?」
「そうかもね(笑) でもちゃんと合格できたみたいだよ。今は知識を詰め込んだ状態かもしれないけど、実践を重ねながら理解を深められるといいね。」
「せやな、おぼろげだったことも、きちんと理論として学べたんやな。」
「一日で体系立てて学べるのが良いよね。」
「…なぁゆうあい君。僕な、誰もが『市民』であるということ、参加・参画できる社会であることって、今まさに大事にしなあかんって感じるねん。」
「そうだね。僕もそう思う。その大切な『参加』を支える一端を、ボランティアコーディネーターは担っているんだよね…。」
「せや。僕ら、諦めずにがんばらなあかん。」
「そうだね。僕も勉強しなくちゃ…!」

スタッフおすすめの一冊(ゆうあいセンター図書コーナーより)

「いきなり試験受けるんは嫌やねんけど、ひとまずこの本から読んでみよかな。」
「結構おもしろいと思うよ。僕は今別の本を読んでる。」
「何読んではんの?」
「ナイショ。」
「そういやゆうあい君、部屋にめっさ“つんどく”してるやん、あれ全部読んだんか?」
「…(//_ //)!! 年末年始の休みに読むんだよ!」
「ほんまか?すっごい山やん(笑)」
「ほんとだよ!何言ってるんだよ。ほらほらセンター君、12月も残すところあと少しだよ!! 仕事片付いたの?」
「え?あ、う、あのその、な、な、なんのこと?ゆうあい君、来年もよろしくな~。今年もありがとう !!!」
「センター君も、ちゃんと仕事して、ちゃんと読むんだよ。」
「はいっ!!…?…あれ?!」
「今年もあと少しだね。来年はどんな一年になるんだろう。」
「来年も頑張る。やけど、自然災害が起こらない年になるといい。」
「そうだね。本当に。」
「誰もにとって、希望が見える、一年になりますように。」

≫ ゆうあいからのThanks

関連記事

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2019年3月号

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2019年2月号

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2019年1月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号

地域のなかでかくさずにやろう  すみませんといいながら、許してもらえるまちづくり

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...

2019年2月号

昨年の7月、岡山は未曽有の豪雨災害に襲われました。しかし直後からたくさんの...