ボランピオ

2018年12月号

ゆうあいからのThanks

2018年12月25日 12:53 by youi_center



自然の猛威にさらされた2018年。
甚大な被害を受けた地域が元の暮らしを取り戻すには、まだまだ道半ばで、
今もなお、地元の方と共に様々な個人・団体が、多様な形で、復興に向けた取り組みを重ねています。

市民活動が育む繋がりは、私たちにどのような価値をもたらすのでしょうか。
様々な人との出会いは、学びや気付きをもたらし、
自発的な取り組みからは、これまでにはない新たなアイデアや仕組みが生まれることもある、
「あの時の、あの出会いがあったから今の自分がある」ということも起こり得るかもしれません。

ひとりの力というのは大きくはありません。
けれども、自分だけ頑張ってもどうせ変わらないと諦めそうになることも、
その場にいる個々人が対等に繋がり、協働していけたなら、それは間違いなく大きな力になるはずです。

その力こそが、誰もが暮らしやすい地域社会づくりに繋がっているはず、
そう信じて、私たちもまたみなさんと力を合わせて、歩んでいきたいと思います。

関連記事

【高校生ボランティアにインタビュー】~台風19号災害復興支援ボランティアバス  晴れの国おかやまボランティア隊 ~

vol.26(2020年1月号)

【市町村支援センター訪問記】「つどえ~るフェスタ2019」にいってきました!

vol.26(2020年1月号)

人と活動がつながる場所~ボランティア・マッチング会~

2019年3月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

vol.26(2020年1月号)

誰かを支えるとは、どういうことなのか いま、困っている人に希望を届けるため...

vol.25(2019年08月号)

地域のなかでかくさずにやろう  すみませんといいながら、許してもらえるまちづくり

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...