ボランピオ

ボランピオ vol.3

【数字で見る!】高齢化の状況

2014年01月08日 19:02 by youi_center

日本で高齢化が急速に進行していることは、日常の中でもよく耳にするかと思います。

今回のテーマとなっている「シニア」にちなんで、統計から見た日本の高齢化の状況についてご紹介します。 

「高齢化率」という数字をご存知ですか?高齢化率とは、「総人口」のうち「65歳以上の高齢者人口」が占める割合のことをいいます。

一般的に、高齢化率が7%を超えた状態を「高齢化社会」といい、14%を超えた状態を「高齢社会」と呼びます。さらに、21%を超えた状態を「超高齢社会」と呼び、日本では平成19年に超高齢社会(21.5%)となりました。

全国、岡山県の将来的な高齢化率の予想は、以下のとおりです。

 

では、高齢化が進行することによって、どのような課題が生じるのでしょうか。
生産年齢人口(15歳以上65歳未満の人口)の減少、社会保障費や介護負担の増大…さまざまな問題が考えられます。
 
誰もが住みやすい地域をつくるためには、行政の制度・サービスでは解決できない課題に対し、住民同士の支え合い・助け合いで解決していく必要があります。そして、支え合い・助け合いの仕組みの中では、人生経験豊富な「シニアの力」がとても重要です。

定年退職後、「まだまだ地域に貢献したい、地域のために何かしたい」という思いを持っていても、「自分に何ができるのかわからない」と、なかなか行動に移せない方もいるかと思います。岡山県内で活躍する同世代の皆さんの活動をたくさん知っていただき、ご自身が動き出すための活力にしていただきたいと思います。

関連記事

お役立ち情報*ボランティア募集情報コーナー

2019年3月号

お役立ち情報*災害支援情報を知りたいときのwebサイト

2019年2月号

ご紹介*津山市地域づくりサポートセンター「ちいきいきいき相談所」

2019年1月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...

2019年2月号

昨年の7月、岡山は未曽有の豪雨災害に襲われました。しかし直後からたくさんの...

2019年1月号

山間地及びその周辺の地域等、地理的及び経済的条件に恵まれない地域とされる中...