ボランピオ

2014.7.1 刊行

【ボランティア体験記】初めてのボランティア

2014年07月01日 14:37 by youi_center

「初めてボランティアに参加してみて。」


私が参加させてもらったボランティアは移動介助で、施設利用者さんの車椅子をおして工場見学にいくというものでした。

はじめはドキドキで、邪魔にならないかなとか不安がたくさんでした。
でもスタッフの方々がとても優しくて、楽しみながらボランティア活動をすることができました。
初めて会う方ばかりのなか、みなさんから声をかけていただき、自然にうちとけることができました。

 

移動介助では、ただ車椅子をおすのではなく、車椅子の方の目線に配慮して「安全」を心がけてボランティアできました。
利用者さんからの「ありがとう」という言葉に癒され、ボランティアってするほうも、されるほうも暖かい気持ちになれるんだなと感じました。


初めてボランティアに参加でき、自分の中でやりたかったことができて、一歩進めたように思います。


こんな素敵な経験をさせて下さったスタッフさんや利用者さん、ゆうあいセンターのみなさんに感謝して、これからも自分にできるボランティアを探して実行していきたいです。

「初めてのボランティア」の気持ちをいつまでも忘れずに、私らしく誰かが少しでも笑顔になれるように行動していきたいです。 

(れな)

関連記事

障害のある方が自立・社会参加できるお手伝いをしたい~特定非営利活動法人 岡山県社会就労センター協議会「岡山県セルプセンター」~

vol.26(2020年1月号)

いつでもだれでも学べる場~岡山に夜間中学校をつくる会~

2019年3月号

すべての人が安心して暮らせる社会をめざして ~CAPおかやま~

2019年3月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

vol.26(2020年1月号)

誰かを支えるとは、どういうことなのか いま、困っている人に希望を届けるため...

vol.25(2019年08月号)

地域のなかでかくさずにやろう  すみませんといいながら、許してもらえるまちづくり

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...