ボランピオ

2014.10.1刊行

【インターン生がやってきた!】美作大学のインターン生

2014年10月01日 21:09 by youi_center

夏休み。

美作大学の学生さんたちがインターンとしてゆうあいセンターにお越しくださいました。

まずは
「ボランティアコーディネーション」
「ボランティアセンターの運営」
について基礎を学習!

・ボランティアとはどういう意味や価値をもつものなのか。 
・ボランティア活動へのつなぎ方として、どんなことを気をつけなくてはならないか。 

具体的な事例なども含めながら、センタースタッフが説明しました。

そのあとは実際の業務へ!

ゆうあいセンターのなかにあるボランティアプログラムを分かりやすく紹介をしたり、
ポップをつくったりなど、
人に関心を持ってもらえるよう創意工夫をこらし、業務に携わってもらいました。

後日、ボランティアマッチングイベントにスタッフとして参加。
地域で活動する様々な団体がボランティアを紹介するなかで、臨場感のある活動体験をしていただきました。

美作大学の学生さんより感想。

「緊張はしたけれど、いろんな出会いがあった。大学のボランティアセンターでも活かしていきたいです。」


「ボランティアというものがどういうものか、よく分からないなかでやってきたが、改めて知ることができました。
 大学のなかでのボランティアセンターは名前を知っているが、活動を知らないという人もまだまだ多いと思います。
 今回のアドバイスを活かしたいです。
 チラシのポップづくりや選別は悩んだが、スムーズにできるようになると作業も楽しいと感じられるようになりました。」

「改めてボランティアを考えました。今は大学のボランティアセンターの認知度を高めたいと思っています。
 ボランティアの魅力がどう伝わるか、伝わりやすくなるか・・・。
 主旨や気持ちが伝わるコーディネーションをめざしていきたいです。」

ボランティアを拡げたい学生さんへ。 

ボランティアセンターの学生スタッフの方、ボランティア部の方などこういった「学び」と「実践」の場を用意しております。
関心のある方は是非ゆうあいセンターまでご連絡くださいね。

関連記事

人と活動がつながる場所~ボランティア・マッチング会~

2019年3月号

「はじめてのSDGsとCSR基礎講座」へご参加ください。

2019年3月号

ゆうあいからのThanks

2019年3月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号

地域のなかでかくさずにやろう  すみませんといいながら、許してもらえるまちづくり

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...

2019年2月号

昨年の7月、岡山は未曽有の豪雨災害に襲われました。しかし直後からたくさんの...