ボランピオ

2015.03号

ゆうあいからのThanks!

2015年03月26日 12:53 by youi_center

 

もうすぐ新しい年度の始まりです。

ゆうあいセンターの1年を振り返ると、ゆうボラさんの存在の大きさを改めて感じます。

 

ゆうボラとは。

ご存じの方も多い(といいな)と思いますが、ゆうあいセンター内でのボランティア活動です。この活動をしてくださるボランティアさんを親しみを込めて「ゆうボラさん」とお呼びしています。昨年4月からスタートし、ちょうど1年になります。

 

その活動内容は様々。

図書の感想文作成、図書整理、インクカードリッジのリサイクル発送準備、ボランティア&NPO関連新聞記事のピックアップ、ソーシャルライター、チラシに添えるポップ作成、事業の準備・運営のお手伝いなど。どんどん種類も増えています。

利用者交流会や子どもボランティアなどの事業やイベントも、ゆうボラさんと一緒に作りあげることが出来ました。

ゆうボラの「おかめさん」がファシリテーターを務め、みんなでお茶を飲みながら、気負わず楽しくボランティアについておしゃべりしあう「おかめ茶屋」も、1年前から始まったユニークなゆうボラプログラム。

ここで「なかなかボランティアを始められなくて」とお話くださる方も、もうすでに「他の方にボランティアを考えるきっかけを与えるボランティア」になっています。

 

「ボランティアやってみたい!けどちょっと不安・・・」な方にも踏み出しやすい、ゆうボラなのですが、最初の一歩を踏み出し、いきいきと歩みを進めていくゆうボラさんに、ゆうあいセンターは大きな力をいただいています。

 

本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします!

(監物 香緒里)


関連記事

【特集_前編】「今、そこにあるということ」多田伸志さんと山下弘彦さん

2019年08月号

【高校生ボランティアにインタビュー】 ~KTCおおぞら高等学院「ティアボラ」~

2019年08月号

【市町村支援センター訪問紀】~津山と真庭 2つのセンターで合同情報交換会を開催~

2019年08月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号

地域のなかでかくさずにやろう  すみませんといいながら、許してもらえるまちづくり

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...

2019年2月号

昨年の7月、岡山は未曽有の豪雨災害に襲われました。しかし直後からたくさんの...