ボランピオ

2018年3月号

ESDって何だ!?

2018年03月02日 20:35 by youi_center

 ボランティアやNPO活動に関わっていると、ESDという言葉をよく耳にする。
“Education for Sustainable Development”の頭文字をとってESD。
日本語では「持続可能な発展のための教育」と訳される。今、世界には環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な問題がある。
 ESDとは、これらの現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動である。つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育とされている。
(日本ユネスコ国内委員会の声明文より)

 先ず、世界の課題を知り、全てが繋がっている事を実感し、出来る事から行動していく。
そういった仲間を創っていくこと。それがESDの第一歩。
世界の課題は、全てが喫緊であるが、日々の個人的な課題に流されて意識が向けられなくなってきた時、社会は持続不可能の方向に加速されてしまう。
ESDを分かり易く、ロールプレイングゲームを模した文部科学省作成のこのストーリーブックから始めてもいいのかも知れない。

関連記事

人と活動がつながる場所~ボランティア・マッチング会~

2019年3月号

「はじめてのSDGsとCSR基礎講座」へご参加ください。

2019年3月号

ゆうあいからのThanks

2019年3月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号

地域のなかでかくさずにやろう  すみませんといいながら、許してもらえるまちづくり

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...

2019年2月号

昨年の7月、岡山は未曽有の豪雨災害に襲われました。しかし直後からたくさんの...