ボランピオ

2014.7.1 刊行

ゆうあいセンター スナップ・リレー

2014年07月01日 16:13 by youi_center

岡山県ボランティア・NPO活動支援センター、通称「ゆうあいセンター」は、毎日たくさんの方に利用していただいています。


「地域の課題を解決したい…」


「誰かの役に立ちたい…」


「自分にはどんなことができるんだろう…」


「私たちの周りにはどんなボランティア活動があるんだろう…」


皆さん、それぞれの想いを胸にゆうあいセンターに足を運んでくださっています。


今日は、そんな利用者の方々をご紹介したいと思います。

…というわけで、実際にゆうあいセンターで活動中の皆様に突撃インタビューをしてみましたっ!


*****************************************

手話関係の活動をされている皆さん(左から、正岡さん、小川さん、濱浪さん)


Q.今日はどんな活動をされにゆうあいセンターに来られたのですか?

A.手話に関する講座に参加して、その後に復習を兼ねた勉強会をするためにお邪魔しました。

 

Q.よく利用していただいているんですか?

A.毎日のように利用しています。個人で勉強する際にも、こうして仲間と集まっての勉強会としても利用させていただいています。

 

Q.ゆうあいセンターの魅力はどんなところでしょう?

A.軽食をつまんだり、お茶を飲みながら気軽に利用できるところです。仲間との交流の場にもなっています。

★写真で皆さんがされている手話の意味は「I LOVE YOU」だそうです。(照)

 

NPO法人 フォレスト・ワン 代表 森脇一雄さん -通称:就活おじさん-


Q.どのような活動をされているんですか?

A.一言で言うと就職活動支援ですね。在学中の若者だけでなく、再就職の支援にも携わっています。

 

Q.活動をされていれ、どんなことにやりがいを感じられますか?

A.若い世代の方たちと知り合え、支援をすることで自分自身もプラスの力をもらっています。幸福度もUPしていますよ(笑)。また、支援が内定という形で結果に結びついたときには、微力ながらも社会の活力増進に貢献できているという実感が得られます。

 

Q.ゆうあいセンターに一言お願いします。

A.職員さんとも気兼ねなく話ができて、楽しく利用させてもらっています。今後も、もっともっと皆さんが利用しやすいゆうあいセンターにしていってくださいね。

★いつも気さくにスタッフに話しかけてくださる森脇さん。でも、相談者さんと面談されているときはキリリと真剣な表情。真摯に支援活動に取り組まれています。

 

津島ひよこクラブの皆さん

Q.どのような活動をされているんですか?

A.月に1~2回集まり、未就園児やその親御さんを対象にした様々な行事や交流会を行っています。乳幼児蘇生法の勉強会や機動隊の見学、愛育委員さんや栄養委員さんと七夕のクッキー作りをしたりハロウィンのイベントを行ったり…親子で楽しめる沢山の活動をしています。

 

Q.今日はゆうあいセンターでどのような活動をされているんですか?

A.委員会で使う会員向けの資料を作るために集まりました。

 

Q.ゆうあいセンターに一言お願いします。

A.いつも利用させていただいています。これからも子ども達共々、よろしくお願いいたします。

★お子さん達の声は、来館されている利用者さんや職員の気持ちを明るくしてくださいます。これからも元気いっぱいな笑顔をゆうあいセンターに届けてくださいね。

 

岡山県エッセイストクラブ・HP委員会の皆さん

 

Q.どのような活動をされているんですか?

A.文章が好きな方が集まり、それぞれが作成したエッセイを合評会で批評し合ったり、『位置』という作品集の発行や新聞のコラム記事の執筆も担当させてもらっています。こうした活動を通して、会員一人ひとりが文章能力を向上させるために日々切磋琢磨しています。

 

Q.今日はゆうあいセンターでどんな活動をされているんですか?

A.ホームページを作成するための勉強会をしていました。会員たちで作っているホームページです。ぜひご覧になってみてくださいね。

 

Q.ゆうあいセンターの魅力はどんなところでしょう?

A.無線LANが使えたり、印刷機や帳合い機等の製本設備が充実していて、活動する上で本当に利用しやすい施設だと思います。何よりスタッフさんの対応が本当に丁寧で、小さなことでも気軽に尋ねやすいです。

★いつも優しく、楽しく職員に接してくださる皆さん。今回も、突然の写真撮影のお願いにもかかわらず、快く応じてくださいました。

 

一般社団法人 日本スポーツ吹矢 岡山中央支部の皆さん

Q.スポーツ吹矢ってどんなスポーツなんですか?

A.スポーツ吹矢は性別・年齢問わず誰でも手軽にでき、ゲーム感覚で楽しみながら健康になれるスポーツとして注目されています。ちなみに中央支部に登録されているのは80名位。県下には18支部あり、総勢400名ほどの方が活動されているんですよ。

 

Q.ゆうあいセンターの会議室はいつも練習のために利用してくださっているんですか?

A.現在は月2回の練習の他にも会議、打合せ等で利用させてもらっています。オープンスペースも印刷、パソコン作業、ロッカー利用等で幅広く利用させてもらっています。

 

Q.ゆうあいセンターに一言お願いします。

A.ゆうあいセンターは、街中にあって便利で、キレイで、色々なことに使えてとても助かっています。

★老若男女どなたでも楽しめるスポーツ吹矢。練習中もとっても和気あいあい。

 

ガールスカウト岡山19団の皆さん


Q.今日はみなさんどのような活動をされているのですか?

A.発団40周年に向けて制作物や文集をつくっています。夏のキャンプに向けてロープの結び方も練習していますよ。

 

★記念制作物をつくるために一生懸命!

★えび結びに挑戦中!

 

一生懸命、頑張る姿に元気づけられます。

ガールスカウトのみなさん、また遊びにきてくださいね。


 


*****************************************

 

 皆さま、突然のお願いにもかかわらず快くインタビューに応じてくださり、本当にありがとうございました。

ゆうあいセンターの一番の魅力は「設備」でもなく、「立地」でもなく、「人」。

そう、日々ゆうあいセンターに足を運んでくださっている一人ひとりの利用者さんです。

 

今回は、そんな魅力溢れる数多くの利用者さんについて、少しだけご紹介させていただきました。

今後も利用者様の生の声を、こうしてお届けしていきたいと思っています。

 

皆さま、ゆうあいセンターにいらした際は、突然のインタビューにご注意ください。(笑)

関連記事

いつでもだれでも学べる場~岡山に夜間中学校をつくる会~

2019年3月号

すべての人が安心して暮らせる社会をめざして ~CAPおかやま~

2019年3月号

自分らしくいられる居場所 ~NPO法人あかね~

2019年3月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年3月号

他者への信頼や他者との交流、社会参加などを要素とすると言われている「ソーシ...

2019年2月号

昨年の7月、岡山は未曽有の豪雨災害に襲われました。しかし直後からたくさんの...

2019年1月号

山間地及びその周辺の地域等、地理的及び経済的条件に恵まれない地域とされる中...