ボランピオ

2017年9月号

本当に支援を必要としているのは~NPO法人すたんど・野々宮聡太さんに聞く~

2017年09月15日 14:25 by youi_center

不登校児童生徒への支援をしている「すたんど」代表・野々宮聡太さんは、中学時代に非行に走り、いわゆるヤンキーと呼ばれる状態であった。

大学生になり、「自分は中学卒業と共に自然に立ち直る事が出来たが、非行に走ったままズルズルと抜けられない人を助けたい」との思いからボランティアを探していた時に、大人のひきこもりを支援している林尚彦さん(NPO法人「リスタート」代表)に出会う。

林さんに言われた「ヤンキーの子達は割と大人になってから自立している。本当に支援を必要としているのは、不登校で家から出られない子達なんだ」という言葉に、自分の周りを見て、ヤンキーだった子たちはそれなりにちゃんと自立しているという現状があり、得心をした。そして、当時休眠状態であった「すたんど」をやってみないかと誘われ、やる事にした。

「最初のうちはなかなか心を開いてくれないけど、まずは訪問し、友達になる事から始めています」。代表を始めて一年弱。個別に訪問して話を聞き、興味ある事の話をきっかけに外に出られる様になった子もいるという。また、大学で立ち上げたボランティアサークルを巻き込んで無償の学習支援を行なうなど、試行錯誤しながら不登校児童への支援を行なっている。

(合田周平)

関連記事

「第47回岡山春の子どもまつり実行委員会」にお話しを伺ってきました。

2017年9月号

病気の子どもたちに入院中でも学習や体験の場を提供したい~NPO法人 ポケットサポート~

2017年9月号

「心を開いて貰うため何度も通う」不登校支援を行う NPO 活動

2017年9月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年3月号

今回はノートルダム清心女子大学の皆さんが、ソーシャルライターとして、地域を...

2016年12月号

市民活動の多種多様な担い手。異なる分野や組織、個人が協働しながら、様々な取...