ボランピオ

2017年9月号

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2017年09月15日 19:59 by youi_center

「ゆうあい君、何読んでんの?」
「ソーシャルライターさんたちが書いた記事だよ。」
「『そーしゃるらいたー』?なにそれ‥」
「『なにそれ美味しいの?』とか言わないで!」
「・・・最後まで言わせてよ。」
「ソーシャルライターさんのことはここ読んだらわかるよ。ライターさんたちのための講座があったんだけど、全員参加型のとてもおもしろい講座だったみたい。」
「へぇ~、●●白熱教室、みたいな?」
「そうそう。」

ソーシャルライター入門講座(ゆうあいセンター事業)

「今回は、その講座を受講したライターさんたちの記事が満載!」
「同じ団体さんへのインタビュー記事があるやん。」
「同じって思うでしょ?でも一度読んでみて。」
「わかった。今回は、3つの団体さんがゲストで来てくれはったんやね。」

ソーシャルライター入門講座ゲストスピーカー①NPO法人ポケットサポートさん
病気の子どもたちに入院中でも学習や体験の場を提供したい~NPO法人 ポケットサポート~

ソーシャルライター入門講座ゲストスピーカー②NPO法人すたんどさん
本当に支援を必要としているのは~NPO法人すたんど・野々宮聡太さんに聞く~
「心を開いて貰うため何度も通う」不登校支援を行う NPO 活動

ソーシャルライター入門講座ゲストスピーカー③NPO法人若者応援コミュニティとりのすさん
感動体験で人は変われる〜2011.3.11あの日から〜
若者と社会の架け橋「NPO法人とりのす」の取り組み

「なるほど。ライターさんによって視点や伝え方がちょっとずつ違うんやな~。」
「でしょ。だから『自分の目線で、自分の言葉で伝える』のが大事なんだなと思ったよ。」
「こっちの記事は?」
「あ、そっちもライターさんの記事だよ。それぞれ参加されたイベントのことを紹介してくださったもの。」

「第47回岡山春の子どもまつり実行委員会」にお話しを伺ってきました。
日本発、人と技術の継続的な支援をネパールにネパールやぎの会とともに 「青年の地域定住促進のための地域地域おこしinネパール2016年度活動報告会」

「ゆうあい君…、子どもたちを対象としたものや、若者がつくりあげる活動がこんなにあるって、知らへんかったよ。」
「しかも、分野も幅広い!」
「ほかにもきっとまだまだあるんやろなぁ。」
「またライターさんたちにも話をうかがって、情報集めていきたいね!」
「せやな!がんばろう。」

「そうそうゆうあい君、ボランティア仲間が団体つくらはったんやけど、今度スタッフ雇わはるんやって。」
「君まだボランティア続けてたの!? 」
「なんでそこで驚くねん。」
「いやべつに。(あの子が辞めたからどうせ続かないと思っていたんだけどな…。)」
「活動楽しいって言ったやろ?」
「で?」
「…。その人が、なんか手続きがよぅわからへんって言って困ったはるねんけど、どっか相談できるとこないかな。」
「あるある、ここにメール送ると専門家の方から返事もらえるらしいよ。」
「さすがゆうあい君!良い情報持ってるなぁ!」

★お役立ち情報★『専門家メール相談システム』のご案内

「気軽に使えそうやし、さっそく明日伝えよう。ありがとう。」
「またうちにも遊びに来てもらうといいね。日頃の感謝の気持ちを込めて、僕がおもてなしするよ。」
「せやな~。また誘っとく♪」

ゆうあいからのThanks

関連記事

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2017年3月号

【目次】今号のゆうあい君たちの会話

2017年2月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年3月号

今回はノートルダム清心女子大学の皆さんが、ソーシャルライターとして、地域を...

2016年12月号

市民活動の多種多様な担い手。異なる分野や組織、個人が協働しながら、様々な取...